オアシス2018春郷土芸能祭&牡蠣祭り( ゚v^ )

3月11日(日)恒例のオアシス2018春 美食と芸能の祭典 郷土芸能祭&加茂湖牡蠣祭りが「おんでこドーム」行われました。やや寒かったですが、心配した天気も午前中は晴れて大勢の方が来られました。 牡蠣の殻焼きとカキご飯を食べましたが、牡蠣がかなり大粒で、美味しかったです。加茂湖のカキは1年ものですが、今くらいになると結構大きくなるようです。 他の出店では「らぶじゃん」のカキながもラーメンを食べてみました。塩味のラーメンにバータで炒めたカキと佐渡の海藻ながものとろみが合い、美味しかったです。 ステージでは佐渡おけさや鬼太鼓、小鹿舞などの郷土芸能や竹を使って演奏をする「佐渡ラム」、佐渡鉱山の世界文化遺産登録の応援テーマ曲「佐渡は世界の宝島」のダンス等、にぎやかに行われました。 観光客も多数訪れ、早春の佐渡の魅力を満喫していました。 #佐渡の郷土芸能 #佐渡のグルメ

オアシス2018春「佐渡両津ひなまつり」o(^o^)o 各地でにぎやかに開催!

3月3日(土)恒例の「佐渡両津ひなまつり」が開幕しました。25日(日)まで「あいぽーと佐渡」(両津港より徒歩5分)はじめ両津市街の各所でお雛様やお宝なども展示されています。お雛様ランチの企画もございますので両津の街歩きもお楽しみください。 当館でもつるしびなや7段飾りを展示しています。 「あいぽーと佐渡」では、梅本礼子先生監修のつるしびなの展示を行っております。「ままごとクラブ」等の皆様が1年かけて丹精込めて作ってます。5節句をテーマにしたものや、藤の花や和洋の人形などバラエティーにとんでいます。ぜひご観賞ください。 3月3日~25日 9時~16時(25日は15時まで)入場無料です。 25日最終日には同会場(あいぽーと佐渡)で両津商工会女性部有志によるカフェやお話図書館、芸能披露も行われます。10時~15時 両津夷 りんか亭 ひなチラシ付ヒレカツランチプレート 1,180円茎ワカメの味噌汁もついて、肉もやわらかく、おいしかったです。( ゚v^ ) 水津漁協の向かい側、通り過ぎようとすると旧道側に「茶房 源三郎(げんざ)」との看板が。サドテレビで紹介されてたので、気になり中へ入ると感じのいいご主人が「どうぞ」と声をかけてくれ、中へ入るとスゴイ! 間仕切りをはずした広い部屋につるしびなや土人形のおひな様など所いっぱいに飾られています。来月からは染物の展示や版画の展示の企画もあるそうです。おいしいコーヒー350(メニューはコーヒー・紅茶のみ)をいただき、レコードの落ち着いた音楽を聞きながら、ご主人と少しお話をしました。 ご主人は数年前Uターンし実家を何かに使えないかと考え、地域の寄合

© 夕日と湖の宿 あおきや