あのレストランバスを初体験 (゚д゚)!

10月6日~9日、佐渡にレストランバスが初登場! 10月9日、レストランバスに初めて乗車。11時から両津港を出発し、塚本こうじや・・片野尾漁港・・へんじんもっこ・・佐渡乳業・・終点「浦島」のコースです。 天候に恵まれ、各地では立ち寄りの担当の方が説明してくれ、佐渡に住みながらお馴染みのところでしたが、詳しく知らなかった事が多く、タメになりました。 老舗の塚本こうじやでは約100年も前から代々継がれた味噌樽を見学、片野尾漁港では、漁法の説明や漁船の見学、ノドグロ・鯛のお刺身や甘鯛の焼き身を試食させていただきました。 楽しみにしていたお料理はdeVincoの山本裕介シェフのイタリアン4品で、佐渡食材を使ったイタリアンのメニューは、ノドグロの身をほぐしたパスタのソースや有名な黒いちじくにクリームをつめたデザートなど初めての味わいでした。各所での見学の間、調理してくれ、席に戻った時には、料理と料理に合わせた飲み物を給仕してありました。 前の席の方は宮城からいらした方で、北海道・沖縄などでレストランバスを利用しており、佐渡で4回目との事でした。 料金は18,360円と高いと思いましたが、内容が充実しており、積み重ねるとこれくらいの料金になるのも納得できます。でもファミリーなどでは高くて利用を躊躇しますね。 約4時間のバス旅でしたが、とても満足でした。先に紹介した方の様に、レストランバスを目当てに各地を旅行するのもいいのかなと思いました。 外観が派手で目立ちます。「祭り」をテーマにしたバスです。 車内は定員25席。天井もガラス張り。 天井のサンルーフを開くと秋空の鱗雲が綺麗です。 塚本こう

天領佐渡両津薪能 「敦盛」

10月7日、椎崎諏訪神社能舞台にて今年最後の薪能が行われました。演目は「敦盛」。 源平合戦の敵同士で、戦いを懺悔して出家した蓮生と討たれて亡霊となった敦盛とが仏縁により友情が結ばれるというお話です。 朝まで雨が残り、天候が心配されましたが、雨の影響はなく予定通り行われました。連休の影響もあってか、305名ものお客様にご来場いただきました。ここ数年の中では一番の入り込みでした。今年は、5月から行いましたが、常に250名前後の入り込みで、全て諏訪神社能舞台で行うことができました。 来年もまた同会場にて行います。またご来場いただきます様、お願い致します。 #佐渡薪能 #佐渡の郷土芸能

© 夕日と湖の宿 あおきや